火の精霊

おとといのドラフト会議で、今年発足した「九州アジア独立リーグ」の熊本のチーム「火の国サラマンダーズ」から指名された選手が出たということで、ここではテレビが全局取り上げてました。リーグと言っても、今年は熊本と大分の2チームだけ。来年以降、北九州、沖縄に新チームができるみたいです。将来的には韓国、中国、台湾、フィリピンと、国境を越えたリーグを創設するという、結構大きな野心に満ちたプロジェクトです。それはそうと「サラマンダーズ」という、なんか宗教的な響きのする名前、どういう意味だかわからなかったので調べてみると、「四大元素を司る精霊(四大精霊)のうち、火を司るもの。手に乗る位の小さなトカゲもしくはドラゴンのような姿をしており、燃える炎の中や溶岩の中に住んでいる。」(Wiki)のだそうです。ああ、「アナと雪の女王2」に出てきた、あの火のトカゲもサラマンダーか。そう思うと急に親しみがわいてきました。単純。もう今シーズンは終わってしまったけれど、来年は是非観に行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。