自宅隔離 Day 5

折り返し地点に来た。一直線に元気回復となるかと思いきや一進一退気味。きょうはアタマもちょっと重いし喉がまだちょっと。腫れがきつかった分の後遺症ではないか。咳は残っているし、声もヘンだ。仕事はゆっくりと再スタート。せっかくの休みと思ってオンラインで映画観たりする手もありそうなもんだが、肝心の「ゆっくりする場所」がない。発症していない健常者の妻と同じ建屋で寝起きする以上、「生ける感染源」の僕はそのように扱われ隔離される。いっしょにリビングで2人で仲良くというわけには絶対にいかない。テレビも随分まともに観ていない。スマホでNHK+を観るくらい。隔離されているのはリビングヨコの和室。そこには部屋専用のエアコンがない。なので締めきると、暑い。結局エアコンのある作業部屋に行く→仕事するしかない、と悪循環。そろそろリハビリ兼ねてback to workモードだ。それにしても自分ごとにかまけている間に全国の感染拡大はさらに弾みがついている感じだ。あの総理大臣も感染。プロ野球チームも次々集団感染。主力を欠いた我がカープは借金が6にまで増えて最下位もすぐそこだ。感染者だけでなく濃厚接触者とされた人まで含めれば、いま社会では相当の人が自宅隔離を余儀なくされていると思われ、逆によく社会が回ってるなという感じ。これもそれも重症化しないオミクロンだからまだこの程度なのだろうけど、強毒化したヤツが現れれば、このやり方はもたない、というか危ないですね。2類か5類か、や、全数把握か否か、など、まだそこかよ、という国のレベル。支持率が急落して当たり前だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。