キラーコンテンツ

正月の風物詩「箱根駅伝」。いつの頃からだろう。このレースは必ず見てしまう。ランナーはみな本当に必死だし、手に汗握る大逆転劇のドラマもあるし、やっぱ見入ってしまう。今年もコロナ禍で沿道の声援は控えるようテレビで呼びかけていたけど、画面見る限り沿道の人はかなり通常モードだった。日常が戻ってきた感じでそれもうれしい。今年の往路は下馬評どおり青学が優勝。素晴らしい。勝負事は勝てば官軍。原監督は名将の伝説をまたひとつつくった形。原さんは昨年あたりから「陸上も若い指導者を中心に危機感を持っている。箱根駅伝を国立競技場発着にする発想があってもいい」と問題提起をしている。大賛成だ。普段の東京なら大迷惑だろうが、どうせ正月の東京都心の交通はすかすかだ。できないわけがない。福岡国際も琵琶湖マラソンも終わってしまった。コンテンツとしては「東京マラソン」が独り勝ちの状況。そんな中での箱根駅伝。こんなすごいキラーコンテンツは他にない。日テレはやりたいだろうなぁ。観てみたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。