雪国マウント

一昨日の午後に東京が「大雪」になり結構いろいろ大混乱したら、「たった10センチの積雪で大雪かよ」という声がSNSで噴出し、「雪国マウント」というフレーズがトレンドになったらしい。都合20年も首都圏に住んだので、雪が降ったり道路が凍ったりするとどれだけ大変かは経験的によくわかる。他方それがさも全国的な大ニュースかのように仰々しく取り上げるメディアも地方目線でいえば誠にいかがなものかと思う。どっちにも言い分がある。僕が思うに、本質は、人があまりに多すぎる首都圏は「この程度」でシステミックに麻痺するということだと思う。熊本地震を経験して余計そう思うが、首都圏が震度7クラスに襲われたらそのときの混乱や麻痺は想像を絶する。富士山が噴火して火山灰が首都圏に降ろうものなら確実に大混乱になる。物流面からみれば東京は地方に食わせてもらっているようなものだ。物流が麻痺すれば東京はすぐに干上がる。「日本沈没」の住民一斉退避は別に列島が沈没しなくても起きうる話だと思う。次の100年、本気でこの国は東京集中からもっとバランスのいい分散型国家にもっていかないと。日本の人口の3分の1もの人間があんなにぎゅうぎゅうになって生きている場所がサステナブルなわけがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。