回転焼

朝ドラがますます面白い。昨日から京都編が始まった。鴨川や大文字で有名な如意ヶ嶽が映像で出てきて思わずうれしくなった。あの辺は青春の思い出の場所。懐かしい。ところでドラマで重要な役割の「回転焼」。へぇ。京都じゃそう呼ぶのか。広島で育った僕の子供時代、僕らは「二重焼」と呼んだ。調べてみると、この食べ物、地方で呼び方がチョーいろいろあるらしい。回転焼、大判焼、今川焼、御座候、おやき、あじまん、太鼓焼... 近畿地方だけでも約60種類の呼び方があるそうだ。理由はわからない。誰もがこんなに世代を超えて知っている食べ物なのに、全国で共通の名前がないとは面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。