War Economy

きょうの日経新聞の「経済教室」欄には「中ロ抜き経済再構築 備えよ」と題する記事があって欧州の危機感の深さが伝わってきた。プーチンやプーチン体制を容易に転覆させられない以上西側はロシアとは事実上の断交状態となる。現在の「ロシアを経済的に排除する」制裁は恒常化する。欧州はロシアへの高いエネルギー依存を一気に自給自足に切り替える必要がある。短兵急でやるので当然膨大なコストがかかる。かくしてエネルギーコストは急騰する。もはや昨日までの穏やかで安定した生活は望めない。これが核戦争になればどこにも住めくなるという話になる。欧州にとってウクライナ侵略は他人事ではなくもう完全に我が事になっている。中ロが結託して世界が二分したときアメリカが西側の棟梁の地位をキープし続けるのか、できるのかどうか。3年後はまたトランプかもしれない。そうなると絶望だ。世界は大混乱になる。日本はどうなるのだろう。「西側」の一員で戦後70年以上もやってきたことの意味を日本はこれから本当に問われるのだろう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD013QT0R00C22A3000000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。