叶った夢

熊本県商工会連合会の専門家派遣の案件で今年2月に創業案件に関わった。創業事業計画がうまく作れず困っていた個人事業主をご支援させていただいた。結果、融資はすんなり通ってその方は無事創業に漕ぎつけた。きのうはそのお店にお邪魔した。場所はミルクロード沿い「かぶと岩展望所」という阿蘇谷が一望できる景勝地の前のドライブイン。牧野組合から建物を借りての飲食店兼土産物屋さん。観光地ではよくあるタイプのお店。しかし、北外輪山の広大な草原はいろんな牧野が管理していてミルクロード沿いに店舗はほとんどない。いわばほぼ独占事業。展望所に寄る人、トイレ休憩の人、様々な人が立ち寄る場所で立地としてはこの上ないが、水道や電気、通信のインフラはとても心許ないというトレードオフもある。いずれにしても4月から開業、コロナ禍も落ち着き始め人が動き始めたこの4,5月、ロケットスタートの集客のようだった。まるで英国の田園地帯を思わせる(行ったことないが)異国情緒たっぷりの風景に立つ店舗、人が立ち寄らないはずがない。この店主さん、以前は草千里のレストハウスのマネジャーさんだったが、一念発起して自分のお店を、ということで今回のチャレンジ。持ち前のDIY力をフル動員して店舗も自分で店舗改装をしたという。すげぇ。僕には1ミリもできない。以前のお店は若干小汚い印象だったが、この店舗はとてもいい感じ。2月に会ったときに憂鬱な表情から一転、頑張っているなぁという感じ。創業までの経緯はどうあれ、こうしてご自身と家族の夢が叶ってよかった。こうして人の人生の大事な転機に関わってそれが良い方に出たときはうれしいものだ。実際にはあれもこれも課題は山積。決して先行き予断を許さない。「小規模事業者あるある」だが、経営者でありながら自分が唯一のワークフォースでもあるので、自身の時間や能力の限界がその会社のボトルネックにもなる。小規模であってもちゃんと経理をやってリスクをとって外部資源で能力補完をやるというのは大事だと思った。いずれにしても頑張ってください。応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。