22222

きょうは僕の生誕22222日目らしい。別に特段の意味はないけれど、ゾロ目で面白いので前からカレンダーに入れていた。3万日だともう82歳になっている。1日という時間的にリアリティのある単位で人生をカウントすると逆にその有限性をより強く感じる。昨年60歳を過ぎて、血圧はよくコントロールされているし、昨年田舎に引っ込んで、空気も水も野菜もおいしいところで生活し、遅くまで外で呑むということも全くなくなった。10年前に比べれば格段に健康的な生活だ。他方、足腰がすごくあちこち痛くなったし、物忘れが「レべチ」になってきた。見かけはまだ若いと言われるが、中身は確実に歳をとってきた。きょうで22222日。あとどれくらいあるのだろう。1万日あるかしらん?あればあったでいいが、逆にあした突然終わるってことだってあるうるし、まぁ要するに1日1日をより大切に生きていくってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。