椎骨動脈乖離

人気芸人「千鳥」のノブが「右椎骨動脈乖離」で入院、今後約1ヶ月は安静、というニュースが昨日午後かけめぐった。「椎骨動脈乖離」... 血管の内壁がペロッと破れるというか剥げるらしく、血管が裂けていくときの痛みが首の後ろに出て激しい頭痛が起こりそれが数日間続く、とある。 酷い場合は脳梗塞やくも膜下出血を引き起こしそのまま亡くなるケースも。実は、僕は7年前にこれをやった。2015年の3月でソニーを辞めていまの場所に移住して1か月。雑草だらけの庭で昼間草むしりをしていたら、突然首の後ろの強い痛みとともに頭痛に襲われた。天気がよかったので最初てっきり熱中症になったのだと思った。ロキソニンを飲んだが一向によくならないので、翌日近くの医療センターに行った。院長は熊大の脳外の権威。すぐにMRI撮って、その診断が下ってそのまま1週間(!)入院する羽目になった。院長いわく、「東京で相当無理して働いてストレスあったんでしょ。多いのよね、50代の仕事人間がこの手の病気でぱったり逝くの。よかったね、この程度で済んで。生き方・働き方をこの際変えなさい。ここでもっとのんびり生きたほうがいいよ。」あれから7年。「のんびり」とは程遠いけど、このニュース見て、改めてなんだかんだ生かされている幸運に思いを致しました。ノブも気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。