自宅隔離 Day 2

寝たきりである。よくこんな寝れるなあというくらい臥せって寝ている。熱はカロナールのおかげか37℃台前半に下がった。微熱の域。喉の痛みは相変わらず。あったかいお茶を飲むとしみるというか痛い。空咳が多くなんか体力を奪われる感じ。起き上がっていろいろ動くと咳が出るので臥せっているというほうがあたっているかも。軽い頭痛は相変わらず。寝すぎが原因かも。他には、くしゃみ、鼻水、下痢、関節痛。喉の痛みがキツい他は典型的な風邪症状。ここまでの経緯を振り返ると、国は要するに、「黙って寝てろ」「自分の免疫力で治せ」という対処方針であって、医療逼迫がとりわけ厳しき折これはこれで合理的なんだよなぁと思うことにしている。こんな生活をあと8日も経ねばならない。感染者の僕は外出は厳禁。同居の妻も濃厚接触者で5日間は不要不急の外出を禁じられている。買い物はOKらしい。僕の居室は完全に締め切って基本ここから出ない、トイレ等で出るときはマスクをつけるというルールでやっているが、トイレが2つあるわけでなく、歯磨き等も同じ洗面所使うし、どんなにやっても家族は結局罹るときは罹るよなぁと思うが、ここまで妻がいるおかげで三度三度ごはんを食べられるし、冷たいお水も運んでくれる。有難いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。