ラジオ英語

最近いろいろバタバタして朝ドラ「カムカムエヴリバディ」をゆっくり観れない。女三代100年の物語ということで筋書きの展開が高速で回っていくので、数回観ないとおいて行かれる。大事な人たちが戦禍で亡くなっていく話は圧巻だった。今回はラジオ英語講座が主人公たちのキーテーマになっているが、ラジオ英語講座といえば、僕も思い出がいろいろある。中学の間は「基礎英語」「続・基礎英語」を、毎日聴いていた。聞けない日は録音して。別に学校に言われたわけではなく、単純にハマった。耳で聞く英語はカッコよく心地よかった。あんな風にしゃべりたいという気持ちは今思い返しても強かったように思う。そこからカーペンターズやオリビア・ニュートンジョンのアルバムも買って聴くようになった。英語世界に強い憧れを抱くようになったのはラジオ英語講座のおかげだ。きょうのドラマで、進駐軍の将校が主人公に「英語の勉強はきっとあなたを思いもよらぬ場所に連れて行ってくれる」という意味のセリフがあった。ほんと、自分もそうだったなぁとすごく共感した。英語が読める、聴ける、話せることで、僕の人生はとても冒険的で豊かなものになったと思う。ラジオ英語には感謝、感謝なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。