出張はなくなるか

先日ある会合で、ポストコロナで観光の人流はどこまで戻るかという話になった折に、ある人から、コロナ前は会社内のちょっとした用事でも首都圏の外の事業所まで足運んで対面でやっていたのが、このコロナ禍でオンラインになり、わざわざ行かなくてもオンライン会議で全然OKじゃん、ということがみ~んなわかってしまったので、仮にコロナが終わっても出張はもう絶対元には戻らないのでは、というお話しがあった。わかる。どうしてもface-to-faceで会わなきゃいけないミーティングはあるけれど(例えば大事な件で融資の件で銀行にお願いにいくとか)もうルーティンの打合せならオンラインが圧倒的にいい。人かたくさんいる部屋の後ろのほうから近視の目を凝らして投影資料をみてるよりは、目の前のPCで画面共有されたほうがはるかにいい。何より移動は、希少な大事な時間がつぶれる。もう2年自宅でオンライン仕事やっているが、正直、外出や移動を伴う仕事はだんだん苦痛になってきた。通勤も然り。1日に2時間も3時間も移動に時間つぶす生活をよくまぁやってたなぁと思う。感染が落ち着いて一時期ガラガラだった新幹線は元に戻りつつあるというけれど、仕事で新幹線や電車を使うニーズは何割という結構なオーダーでこれから減るのではないかなぁと思う。JRにとってはまじ死活問題だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。