変わりゆく街

広島を出てからもう27年になる。昨日のことのようではあるがそれでももう27年。その昔東京から帰省の度に広島は十年一日ほんと変わり映えしない街だと思っていたが、ここ最近コロナで足が遠のいて目を切っているうちに変わってきた。50年続いた広島駅ビルがなくなり新しいターミナルビルの大工事中。中央郵便局の古い建物もなくなり突如高層ビルになっていた。紙屋町の広銀本店も高層ビルに生まれ変わった。広島駅新幹線口の様子も大きく変わった。広島テレビがあるではないか。段原周辺もどんどんいい街になっている。一番取り残された感のあった実家の辺も最近はあちこちで槌音が。新広島駅ビルはあと3年。基町にはサンフレッチェの本拠地のサッカースタジアムもできる。55年前小学校の頃、学校や自宅の近くに延々と広がっていた蓮田や畑はもうどこを探してもない。長く生きてきたのだなぁと気づかされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。