中小企業家同友会

3月から「熊本県中小企業家同友会」という組織に入会した。中小企業経営者が自発的自律的に運営する任意団体。今年創立40年を迎える。とある信頼できる方から紹介され勧められたのがきっかけだが、地縁も人脈もない熊本で今後診断士として活動していく上で仲間というか人脈を広げていかないとと思ったのが入会した大きな理由だ。その同友会の年次総会が昨日大雨の熊本市内であったので出てみた。総会員数は700何十名でそのうち100人くらいだろうか会場で参加していた。人吉や天草から参加した人もいた。ちょうど2時間半のイベントだったが出てみてよかった。同友会の雰囲気や活動していく人の温度が体感できた。一言でいうと、若くてやる気があって真っすぐで素直な経営者さんたちが本当に学ぼうとしている場であるということが何枚もパンフを読むよりよくわかった。やはり対面・リアルは大事だ。同友会は「よい会社をつくろう、よい経営者になろう、良く経営環境をつくろう」というシンプルで大事な3つを目的に掲げている。既に僕は「経営労働委員会」という経営理念を考える活動の分科会に入会を許され、2度ほど議論にオブザーバー参加したが、お互いしっかり意見を言い合う雰囲気にちょっとびっくりした。最近、前向きな組織文化をつくる上で大事とされる「心理的安全性」がここにはあるのだと思った。いい会だ。僕は経営支援を生業としているが、小さいながらもいちおう経営者でもある。Give&Givenの精神で、少しこの会で頑張って活動してみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。