アフィリエイトビジネス

ある案件の調べもので、アフィリエイトビジネスのことを調べていたら、自分が少しハマりかけている。アフィリエイトとはネット広告のひとつで「成果報酬型広告」と呼ばれる。ブログの中でアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に登録されている広告を掲載し、その広告経由で閲覧したユーザーが商品やサービスを購入した場合に、その売上の一部がブログを書いた人に還元される仕組み。矢野経済研究所の調べでは2020年におけるアフィリエイトビジネスの市場規模は前年度比+4.0%の3,221億円、これが今後年率+10%で成長し2025年には5000億円を超える規模になるらしい。仕組みはいたって簡単。ブログを書く人が得意とする趣味嗜好、専門性に応じて、読む人のお役に立つことを定期的にブログに書いて、その中で商品やサービスをお勧めするという「初期投資がほぼゼロ」、デスクワークだけでいける仕事。それでも月間数万円のお小遣いから、年収ウン千万円規模を稼ぐプロブロガーまで、このアフィリエイトビジネスは百花繚乱の様相だ。毎日通勤電車に乗って不条理なサラリーマン生活でクソ上司、クソ仕事に苦しむよりは、プロブロガーを目指して悠々自適の生活を目指そうぜという若い人のブログも読んだが、確かに気持ちはよくわかる。成功のポイントは、いかに人のお困りごとに刺さるお役立ち情報を広く深く書けるか。ある種、ライティング専門家になるということのようだ。不断の勉強が必要だし、書く技術の向上も必要。でもとても面白そう。ここで毎日書いているこのブログはいまば僕自身の日記のようなもので誰かに何かの役に立つ情報を書こうと思って書いてないが、毎日書いていることで、毎日PCに向き合う習慣ができた。これを発展させて、僕も何かひとつアフィリエイトのブログを起そうかなと考え始めている次第。楽しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。