令和の名勝負

今年のNPBオールスターゲーム。オリックスの佐々木朗希とヤクルトの村上宗隆の若きスターの1回だけの勝負は近年になく面白かった。佐々木は全球直球勝負。痩身のしなやかなフォームから繰り出される球はどれも100マイル。それを渾身のフルスイングで打ち返そうとする村上。結局、村上が芯で捉えてセンター前にヒットを放って村上の勝ち。お祭りのオールスターだからこそ見られた全球直球勝負。投げも投げたり打ちも打ったり。間違いなく令和の名勝負だ。惜しむらくは、この2人が同一リーグだったら、と。こんなすごい組合せなら通常リーグの真剣勝負を見たい。この剛速球に変化球を混ぜられたら確かに手が出ない。佐々木はきっといつか完全試合もやると思う。1球1球がすごいのでずっと見てられる。こんなピッチャーは不世出だ。あと何年NPBでやってくれるだろうか。楽しみだなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。