祝!合格

大学時代の畏友から司法試験に受かったというメールをもらった。すごい、すばらしい、さすが、おめでとう。いろんなポジティブな感情が沸き上がる。某大手電設メーカーの現役の工場長の職にあって働きながら勉強を続け4回目のチャレンジで合格したという。彼が司法試験云々を言い出したのはもう10年前くらいだろうか。赤坂でいっしょに呑んだときにその話を聞いて、その向上心とかチャレンジ心とかをただただすごいなぁと思ったのをよく覚えている。実際にその後都内の夜間の大学院生になって勉強を重ね、苦節〇年、ついにその難関を突破した。やっぱ、すごいと思う。おめでとうございます。かく言う僕も3年前は受験生だった。僕の場合は苦節〇年というよりは突然思い立ち突然猛勉強始めて…というゲリラ型。「いらち」で待てない性格がよく出ていると自分でも思う。それでも自分なりの苦節2年を経て昨年中小企業診断士の資格をとって… 考えたら独立してもうじき1年だ。税理士のように顧問料収入という確立したビジネスモデルがあるわけでなし弁護士のように高額なタイムチャージで食っていけるわけでなし、ニーズがあるようなないようなところを埋めていくすき間産業のようなものだなぁと、やってみて思うけど、しかし、未曾有の事業環境下で中小零細事業者さんの喜びと悲しみにリアルに寄り添っていっしょに解決策を考えるという仕事はやっぱ僕に向いてなくはないのだという思いと、あと、サラリーマンという生き方とは全然違う生き方働き方をやってみるのは悪くないという思いがある。サラリーマンとして立派に、立派以上に勤め上げてきたマジメな彼には是非サラリーマンでない人生でも成功をしてほしいなぁと友だちとして心から思うのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。