独身国家

12月1日付け日経朝刊の国際調査結果の関する1面トップ「生産年齢人口ピーク時比13.9%減」は、わかっちゃぁいたけど結構インパクトある内容だった。いよいよ来たなぁという感じ。それよりもっと衝撃だったのは日経のウエッブ版にあった未婚率の記事。50歳までに一度も結婚しない人の割合を表す「50歳未婚率」は2020年には男性が28.3%、女性が17.9%となったらしい。グラフでみると結構すごい。このままだと人口の半分が独身になるのではないか。別に結婚や家族を持つことに至高の価値があるわけではないし、多様な生き方のひとつとして鷹揚に構えるべきなんでしょうかね。実際もう現実に起きちゃっていることだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。